メンタルヘルスチェックの項目

現在働く人のなかで、何かおかしい、以前と違うと思っている方はたくさんおられると思います。
ただ、気のせいだとか、今日は、ちょっと風邪気味だからなどといってとりたてて気にしないようにごまかしていることが多いのではないでしょうか。

 

ただし、この体からのサインを見逃すと、気づいた時には、もううつ病気になっていたりとか、こころを病んでしまって、
取り返しのつかないことになりかねません。
職場でこういう症状が起こったときに、まわりの同僚に相談することは気が引けて難しいかもしれません。
そういうことを気軽にチェックできるのが、メンタルヘルスチェックです。

 

これは、現在いろいろなインターネットのサイトでも自分の症状に合わせて用意されています。
メンタルというと日本人はとかく毛嫌いしがちですが、このような形式は、あてはまる項目にチェックを入れ、多くのものが合計何個でどういう傾向があるか調べられるので本当に簡単です。
その回答をもとに、どのようなことが考えられるのか検討することが可能になると思います。

 

大企業になると、会社のほかの方には知られずに、支援を受けることができる産業医のサービスや職場のヘルスケア相談なども行っているところもあります。
福利厚生などの冊子にも書いてあることがありますので、参考にされるとよいと思います。

 

症状が深刻になり、職場に復帰することができないぐらいになる方もおられるので、何事も早めの対処が肝心だと思います。
なにか普段やっていたことができなくなって、おかしいと思ったら一度ご検討いただくことをお勧めします。