メンタルヘルスチェックに伴う助成金の申請

企業間の競争が激しくなり、企業は競争力を付けるためあらゆる手段を講じています。
最終的に何がしかの利益を計上し株主に還元する必要が有ります。
その為弱い立場の従業員にそのしわ寄せが押し付けられる事が多く、ストレスフルな職場環境に成っています。
特に給料の高い50代の社員にとっては定年までの期間をを計算し耐え続ける事になります。
しかしながらこの様な環境下に置かれた社員が健康な精神状態で働けるはずが無く、ストレスに依るうつ病等のメンタルヘルス関連の病気を発症するのです。

 

企業の定期健康診断では問診の形でメンタルヘルスチェックが行わていますが、その場では発見されることなく少なく、ある日突然社員から診断書を添えた休暇願で分かる事が多いのです。
企業も労働組合もこの様な事態に気付くのが遅く、慌ててこころのチェックを会社で働く従業員を対象に行う旨の通知を出したりしています。
会社でこの様な状況ですが、会社の労働条件を管理する関係省庁も専門家の先生方の意見に依り関係省庁なりのサポート態勢を取り始めています。

 

具体的には定められた条件が整った相談機関に企業がお願いする場合はその申請手続きに依り助成金が支払われる様になりました。次の問題はメンタルヘルス関連の病気で治療を受けている社員の職場復帰の問題です。
会社と労働組合とで話し合いを行い復帰者の取り扱いや待遇面、給料等に関して取り決めがされています。
当然の事ながら当該社員の支援活動の一環です。