メンタルヘルスチェックの義務化はいつから?

厚生労働省の規定により、会社でのストレスチェックが義務付けられました。
対象となるのは、50人以上の従業員を持つ事業主で、正社員やパートなど業務範囲にこだわらず人数に数えなければいけません。
50人以下の会社では努力義務と言って、法的な強制力はないけれどもできるだけ行いましょうというようになっています。

 

ストレスチェックはメンタルヘルスチェックとも呼ばれていて、平成27年12月1日に施行された制度です。
これにより、平成27年12月1日から平成28年11月30日までの間に、1回目のメンタルヘルスチェックを行うことが義務化されました。
いつから行うのかという質問がよくありますが、その期間のうちに1回行う必要があるので、まだ未実施の場合は早く準備をしなければいけません。
1回やれば終わるというものではなく、毎年1回は実施しなければいけません。

 

今は職場の環境などから鬱になったりする、メンタルヘルスの病気が増えています。
体の健康は健康診断で見ることができますが、心の状態は見ることができません。
そこでメンタルヘルスチェックをすることで、心の状態を健康診断しようという試みです。

 

職場が原因で自殺してしまうなどの事例の中で、ご家族は気づかなかったことを責めてしまいます。
こうした調査を定期的にすることで、自分の状態を客観的に把握することができ、最悪の事態を回避することができます。
結果次第では、医師から職場の配置換えなどの提案が出されることもあります。