メンタルヘルス対策にコンサルタントを利用する

日本では、2015年12月より、労働者の精神的(メンタル)な健康(ヘルス)のチェックを1年に1回以上行うことが義務付けられました。これは、心理カウンセラーなどが労働者のメンタルヘルスを管理することで、現場での事故や自殺を防ぐことを目的としています。ただし、ここで問題となるのが、どのようにしてチェックを行うのかということです。

 

これについては、2つの手段が考えられます。1つは、企業内に専門の部署を設けることですが、当然のことながら、その分の費用や人員が必要となります。現在のところ、メンタルヘルスは、検定試験によって資格を取得することができますが、専門の部署を設立する場合は、こうした資格の所有者を集める必要もあり、特に中小企業にとっては、なかなか難しい問題と言えるでしょう。

 

もう1つの手段は、外部のコンサルタントにメンタルヘルスを委託することです。この場合は、コースなどもコンサルタント側が用意してくれるため、利用者は、それをそのまま利用すれば良いことになります。もちろん、その分の費用が必要にはなりますが、特に費用や人員に余裕がない中小企業にとっては、こちらの方が良い手段であると言えるでしょう。

 

しかし、ここで注意しなければならないのが、コンサルタントの質の問題です。現在のところ、このような業者は数多く存在しており、中には悪質な業者もいるためです。そのため、事前に口コミサイトなどを利用して、評判が良く、信頼できる相手を探しておくことが推奨されます。